一生に一度の対策!プラセンタサプリで眠気対策

眠気のトラブルとは?

眠気のトラブルとは、一般的に「不眠症」と呼ばれています。
・ 寝つきが悪い
・ 途中で覚醒してしまう
・ 朝早く起きる
・ 眠りが浅い
・ 昼間に強い眠気が起きる
・ 仕事に支障があるほど眠い
など、いろいろな眠気のトラブルがあります。不眠症といっても、その症状はさまざまで、寝つきが悪くなかなか寝られなかったり、寝ることができても途中で起きてしまいその後寝られなくなる症状、早朝に早く起きてしまい眠気を感じる、睡眠時間自体が不足しているように感じ日中に眠気が起きるなどです。

 

不眠症は男性より女性に多いといわれており、女性ホルモンの影響なども考えられています。

 

睡眠は心身の疲労回復にとても重要となっており、記憶力を定着したり、体や脳の休息となり細胞の修復を行ったりしています。寝ている際には免疫機能が強化されていて、睡眠障害がある人ほど病気になるリスクが高まるともいわれています。

 

眠気のトラブルといっても、生活環境が悪い原因や、精神的・肉体的ストレスの蓄積、栄養の問題、薬による問題なども考えることができます。眠気が強くなったり、逆に弱い場合も睡眠障害の病気が考えられ、ひどくなると治療が必要なこともあります。

 

国民の中でも、成人の5人に1人が何らかの睡眠障害や眠気のトラブルを抱えているともいわれており、国民病とも呼べるほど多くの方が悩んでいます。

眠気トラブルで何が問題?

眠気のトラブルがあるとどんなことに問題が生じるのでしょうか?
 
・ 朝早く起きられない
・ 日中に眠気が強く仕事にならない
・ 日中だるく感じる
・ 集中力が低下しやすい
・ 車の事故につながりやすい
・ 生活習慣病の問題
・ うつ病に発展するリスク
など、睡眠障害には多くのリスクが付きまといます。寝つきが悪い、日中眠気が強いなど、ちょっとしたことと思われがちですが、睡眠障害があれば重大な事故や病気に繋がる恐れもあります。

 

うつ病との関連性も指摘されており、もしかしたらうつ病の初期段階かもしれません。単なる眠気のトラブルと考えず、きちんと解消方法を見つけてみましょう。

 

注意が必要となる睡眠障害は、日中に過剰に眠気を感じたり、睡眠中の異常行動、ほとんど寝られないなどの症状です。自分ではなかなか気が付かないこともありますが、家族から指摘されて気が付く人もいます。日中に必要以上の眠気を感じるのも、夜にぐっすりと寝られていない可能性があります。

 

自分で自覚できる症状は、睡眠の質が低下していることや、日中の眠気の強さ、覚醒する時間帯ではないのに目が覚めてしまうなどの問題です。これらの症状がある方は、体と心の回復のためにも、何らかの対策をしていきましょう。

 

プラセンタより詳しい情報はこちら 

参照サイト

睡眠障害の治療

眠気の異常がみられるようなら、病因での治療を選択する方法があります。

 

・ 抗うつ薬
・ 抗不安薬
・ 抗精神病薬
・ 睡眠薬
これらの薬がおもな治療として使われています。軽い睡眠障害であれば睡眠薬で改善できますが、眠気の異常には心の問題も関係している可能性が高く、抗うつ薬や抗不安薬なども使われているのです。うつ病の治療薬とも似ていて、将来本格的なうつ病になるのを防ぐためにも治療薬を使うことが求められます。

 

しかし、薬には副作用がつきもので、一度使用するとなかなか止められない問題も抱えています。睡眠薬が無ければ寝られなくなったり、神経伝達物質の働きが悪くなり、薬がないと落ち着かないと感じる人もいます。

 

そこで、利用したいのがプラセンタサプリメントなのです。薬での治療だと一生服用を続けなければならない可能性もありますが、プラセンタサプリメントなら体の機能を整えたり、睡眠に必要な成分を補い、根本的な改善に繋がるかもしれません。

 

睡眠障害を抱える人は、栄養バランスの乱れも指摘されており、豊富な栄養が含まれるプラセンタなら、睡眠に必要となる栄養摂取にもなります。プラセンタなら副作用が無く、長期間続けてもやめられなくなることがありません。

 

プラセンタサプリの比較情報はこちら