メラトニン

メラトニン

人が眠るためにはメラトニンが必要となります。

 

・ 体内で合成されるホルモン
・ セロトニンから合成される
・ 酵素の働きも必要となる
・ アミノ酸のトリプトファンが必要

 

メラトニンとは脳の松果体と呼ばれる部分から放出されるホルモンのことです。メラトニンがしっかりつくられることで、人は夜になると自然と眠くなります。日中に眠気が強くなったり、夜に寝られないのも、メラトニンの生成に問題が出ている恐れがあります。

 

メラトニンは、アミノ酸の一種トリプトファンからセロトニンがつくられ、さらにセロトニンからメラトニンになります。つまり、プラセンタのように20種類のアミノ酸が豊富に含まれ、酵素も入っているサプリメントは、睡眠の質を上げることができるといえます。

 

メラトニンは体内時計を調節するホルモンの一種で、朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、メラトニン生成の準備がはじまります。メラトニンの生成異常は不規則な生活習慣で生成が阻害され、不眠症につながると考えられています。

 

夜遅くまで起きていたり、朝いつまでも寝ていると、体内時計が狂ったままで、メラトニン生成の準備ができません。さらにメラトニンにはアミノ酸や酵素も必要となりますから、原料が不足すれば生成することはできないのです。