夜に眠気が起きるのが正常

夜に眠気が起きるのが正常

夜になると自然と眠気が起きるのがからだの正常な働きです。

 

・ 体内時計が調うと夜眠くなる
・ 朝日を浴びてから一定時間でメラトニンが生成

 

メラトニンの分泌は光の作用により調節されています。朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、メラトニンの分泌量が減り夜に向けての準備時間となります。そして夜に光がさえぎられることで、人は自然とメラトニンを分泌させています。

 

睡眠障害があると、夜になっても眠くならないのが普通だと思ってしまいますが、プラセンタでメラトニンの生成が促がされるようになると、自然と夜に眠くなります。メラトニンの生成は、朝日を浴びてから14〜16時間後に分泌するようになっていて、朝6時に起きれば20〜22時には眠くなるのが普通です。

 

メラトニンの生成が上手くいっていない方は、朝日を浴びて体内時計をリセットしても、夜にちゃんと眠くなることができません。その理由はメラトニンの材料となるアミノ酸が不足しているからなのです。

 

メラトニンの合成には酵素も必要となり、プラセンタのようにアミノ酸と酵素の両方が含まれる健康食品は、睡眠の質を上げるために活躍してくれます。体内時計のリズムを整えても、夜眠くならない方は、プラセンタで栄養補給してみてはどうでしょうか。