年齢による睡眠障害

年齢による睡眠障害

睡眠に必要となるメラトニンは、加齢とともに減少します。

 

・ 新生児はほとんど生成しない
・ 子どもが生成のピークに
・ 30代くらいから減少しだす

 

睡眠に必要となるメラトニンは、年齢とともに分泌量が減少していきます。からだの成長が必要となる子どもが最も分泌量が高く、赤ちゃんや高齢者はほとんどど生成していません。だからこそ、年齢とともに睡眠の質が悪くなり、睡眠障害を抱えやすくなるのです。

 

メラトニンの生成量は10歳くらいで120とピークになるのに対し、20代では80まで低下、30になると40くらいと減少しだします。40代ではわずか20と新生児のころとあまり変わりが無い生成量になります。

 

高齢者に関しては、60代以降は微量となり、ほとんどメラトニンが分泌できていません。60代以降の方はメラトニンの分泌量が低下してしまい、睡眠の質が下がってきます。途中で目が覚める人が増えたり、朝早く起きる人が多いのも、メラトニンの量と関係があります。

 

プラセンタサプリメントは、60歳以降の人の睡眠対策としてもおすすめですし、30代や40代くらいになり、睡眠の質が低下してきたと感じる方にも便利です。40代くらいはちょうど更年期も重なり、ホルモンバランスを乱す方が増えてきますから、睡眠の質が低下すると感じやすいのです。