生活習慣病と不眠

生活習慣病と不眠

生活習慣病は、食事と運動の2つの対策と、睡眠の改善がカギとなります。

 

・ 血圧が上昇しやすい
・ ホルモン異常が出る
・ 神経の調節に影響が起きる

 

睡眠不足と生活習慣病はあまり関係ないと思うかもしれません。実は食生活の乱れや、運動不足とともに、睡眠不足は3大原因のひとつとされているのです。睡眠不足は体内リズムを乱し、からだの調節機能が衰えて血圧が上がったり、代謝にも影響を及ぼします。

 

プラセンタサプリメントは、生活習慣病対策になるとは、思っていない方が多いでしょう。プラセンタで睡眠の質を上げれば、肥満・高血圧・糖尿病といった生活習慣病の予防にもなるのことなのです。

 

プラセンタといったら美容法という感じがしますが、美容のために服用していたら、血液数値によい効果をもたらす人もいます。意外なことですが、睡眠不足というのはそれだけ重要なことで、からだには負担がかかっているのです。

 

プラセンタで生活習慣病対策は、中年以降の女性や男性におすすめです。女性は更年期くらいから、女性ホルモンのバランスが崩れ、内臓脂肪型肥満に移行しやすく、睡眠の質を高めることは重要です。

 

男性の場合も、プラセンタサプリメントの対策がおすすめで、男性はとくに生活習慣病になりやすい内臓肥満型が多く、睡眠対策もしましょう。